ブログ

災害時の安否確認に関する情報など

災害時の連絡方法について

地震や災害が発生した際には、まず身の安全を確保してください。
その後にとるべき行動は、東京都防災ホームページに 「 地震発生時の行動マニュアル」が掲載されているので参考になさってください。私が今日お伝えしたいのは、災害時の連絡手段についてです。

災害時には多くの人は職場や家族などにメールや電話を行なうと思いますが、実はその連絡のとり方が間違っている為に、重要な警察や消防への 連絡に支障が多く発生していることをご存知でしょうか。大勢の方が一斉に電話通信を行い、大量の電話が殺到すると、通信障害の原因ともなり被災エリアでの電話がつながりにくくなります。 特に2011年3月に起きた東日本大震災においては、被災の大変な地域ほど情報の発信が困難であり、被害状況の情報収集も難しかったようです。 こういった通信網が限られている状況では、皆が有効で正しい通信を行うことは一人でも多くの命を救うためにとても大切になってきます。

それでは以下に具体的にどのように連絡を取ればよいのでしょうか。方法を示しますので是非参考にしてください。

災害時における電話の使い方

  • 先ず前提として不要不急の電話は行わない。
  • 電話は原則として自分から掛けずに落ち着いて待つ。
    被災エリアの内外からお互いに通信を行おうとすると電話は繋がりません。
  • 予め連絡担当者を決めておき、情報を1箇所にまとめることで受発信の数を減らす。
  • 電話がつながった場合も、出来るだけ手短に話し終える。
  • 公衆電話は災害時でも優先的に繋がるようになっているが、同様に手短に利用する。

電話以外の通信方法を紹介します。

災害時に大切な人の安否が気になるのは当然のことです。それでも限られた通信網の中では一人ひとりの行動が皆に影響を与えます。自分だけで多くの通信網を占有するのではなく、皆で分けあって連絡しましょう。

私たちが提案するAmpille(アンピル)は、一度の安否登録で会社や家族、友人など多くの大切な人に安否状況を通知できるサービスですから、一つの代替手段としてご利用頂きたいと考えています。

宜しければサインアップしてください。